飯山市は、これからの農業を担う農業者を育成するため、営農活動に必要な交付金を、青年から65歳までを対象者を広げ交付します。
また、親元で就農する青年に新たに交付金を交付します。(交付額の増額や対象範囲を拡大しました。)
 さらに、飯山市農業研修センターを立ち上げ、ここで生活支援資金の給付を受けながら、実践的な農業技術を学べます。
支援制度

「国」農業次世代人材投資事業(準備型)

就農予定時の年齢が45歳未満の方
農業技術等の研修中に、年間150万円を最長2年間給付します。


「国・市」農業次世代人材投資事業(経営開始型)

独立・自営就農時の年齢が45歳未満である方
経営が不安定な就農直後に、年間最大200万円を最長5年間給付します。
給付額が、平成29年度から50万円増額(市単独)になりました。
農閑期のスキー産業等と連携した経営形態を取り入れることを視野に入れ、年間所得目標を180万円+農外所得
(スキー産業等)70万円という営農類型も新たに設定しました。


「市」個人就農支援交付金

独立・自営就農時の年齢が50歳未満である方
営農に必要な経費(研修、住宅を含む)の4分の3、年間最大100万円を最長3年間交付します。
給付額が、平成29年度から50万円増額になりました。


「市」定年帰農支援交付金

独立・自営就農時の年齢が50歳以上65歳以下である方
対象者の年齢を50歳以上65歳以下に拡大しました
営農に必要な経費(研修、住宅を含む)の4分の3、年間最大50万円を最長3年間交付します。


「市」親元就農支援交付金

独立・自営就農時の年齢が50歳以上65歳以下である方
対象者の年齢を50歳以上65歳以下に拡大しました
申請時の年齢が50歳未満である方
営農に必要な経費(研修、住宅を含む)の4分の3、年間最大40万円を最長3年間交付します。


飯山市農業研修センター

飯山市農業研修センター

研修時の年齢が50歳未満の方
研修センターにおいて、2年間実践的な研修が受けられます。
研修期間中は、月額13万円の営農生活支援基金を支給します。
農業機械を無償貸与、農地の賃借料を全額支援します。


法人等支援交付金

法人等研修支援交付金

法人等において農業に係る研修を実施する際、その被雇用者(申請時45歳未満)の賃金を2人まで交付します。
年間交付する金額は上限50万円、最長2年間交付します。


法人等雇用定着支援交付金

法人等において農業に係る業務に従事する者を雇用する際、その被雇用者(申請時45歳未満)の賃金を2人まで
交付します。
年間交付する金額は上限50万円、最長2年間交付します。


Copyright (c) 2017飯山市役所 経済部農林課農業振興係 All Rights Reserved.