令和5年産の新米おにぎりを振る舞いました「いいやま新米まつり」

11月の農産物直売所は、旬の野沢菜や白菜がいっぱい!

長野県飯山産のおいしいお米を市外の方々にアピールするイベント「いいやま新米まつり」。市内の道の駅「花の駅 千曲川」農産物直売所前で2023年11月11日・12日に開催されました。

令和5年産の新米「幻の米」コシヒカリのおにぎりは、お米そのものの味を確かめてもらうために塩分は極力控えめに。飯山産きのこがたっぷりの味噌仕立てのきのこ汁、野沢菜漬けと共に振る舞われました。

午前10時からのスタートで、初日は1時間ちょっとで用意された400セットが終了になるほどの大人気。あちこちから「おいしいね〜」という声が聞こえました。

(主催:飯山市農業再生協議会、飯山市農林課)

道の駅で飯山産のお米が購入できます。ふるさと納税自販機もあります!

「幻の米」など、飯山産のお米を買うのに便利なのが、道の駅「花の駅 千曲川」農産物直売所。道の駅のカフェの名前がつけられた特別栽培米コシヒカリ「里わ米」を購入できる、ふるさと納税の自動販売機も設置されています。

現地で、そしてふるさと納税やお取り寄せで。
令和5年産のいいやまのお米をぜひ味わってみてください。

道の駅 花の駅 千曲川
長野県飯山市の道の駅「花の駅 千曲川」の公式サイトです。信州のお土産、地元の郷土食やグルメ、農家さんから毎朝届く野菜・果物・お米・お花の農産物をお楽しみください。国道117号線沿いでアクセス抜群、千曲川沿いの開放的な空間で四季の景色が楽しめます。

(取材・写真:佐々木里恵/里の恵み編集室

タイトルとURLをコピーしました